第415話 三栄会広畑病院の透析室

ブログblog

ブログ

第415話 三栄会広畑病院の透析室

初めまして、三栄会広畑病院 透析室 副看護師長の綾部です。

今回は私の勤務している透析室を紹介したいと思います。

透析室での看護とは

三栄会広畑病院透析室はベッド数72床(うち個室2床)で運営しています。

移転当初は看護師11名でしたが現在17名の看護師が透析室で働いています。

透析室での看護師の仕事は主に患者様のケアと、透析実施に関する穿刺・回収・機械の管理を行っています。さらに透析中の時間を利用して、患者様にフットケア生活指導も行っています。足には加齢や慢性疾患に伴ってさまざまなトラブルが生じ、疼痛により歩行困難となる場合があります。また少しの傷重篤化最悪の場合は下肢切断となってしまうこともあります。

私たちはこの最悪の事態にならないよう患者様の足の観察に注意をはらい、血流感覚障害などの異常胼胝タコ陥入爪といった創傷の徴候の早期発見に努めています。そして爪切りや保湿ケアの実施やメンテナンス方法など指導をしています。

 

時には、患者様だけでなくご家族やケアマネ、社会福祉士や訪問看護師など多職種も巻き込み指導することが必要な場合もあります。

私達は同じケアがご自宅でも継続できるように連絡ノートを使ってやりとりをしています。連絡ノートはケアのことだけでなく、ご自宅での様子やお薬に関することなどご家族や訪問看護師の方が気になることを書いていただくようにしています。書いていただいた内容を私たちが医師に伝え、返事を書くようにしています。生活の中に透析治療があり、患者様をはじめ支えておられるご家族にとって些細な変化も不安になると思います。連絡ノートを通してご家族にも安心が提供できればと考えています。

教育への取り組み

透析室が拡大しスタッフ数も多くなりました。未経験の方も入職される中で透析室の教育マニュアルが必要と考え、透析未経験の方も安心してもらえるよう教育プログラムを作成しました。日々の業務内での指導担当に加え、相談役を設け現在の進捗状況や困っていることを相談できる体制をつくり、ご本人のスピードに合わせステップアップしています。

相談役だけでなく看護師全員でサポートできるよう心がけています。

透析に興味のある方、一緒に働いてみませんか?お待ちしています♪

ブログ一覧へ戻る
ツカザキ病院と
お友達になりませんか?

ツカザキ病院とLINEでお友達になると休診案内やお役立ち情報、市民公開講座開催情報等々、最新情報をお届けいたします。

タップして
ツカザキ病院を
友達追加してください

LINE友達追加

最新情報

  • 第418話 看護部長のつぶやき91「令和6年度の入職式が終わりました!」

    第418話 看護部長のつぶやき91「令和6年度の入職式が終わ...

  • 第417話 駅員さんと看護師の共通点

    第417話 駅員さんと看護師の共通点

  • 第416話 フットキュアで歩ける足づくりを

    第416話 フットキュアで歩ける足づくりを

  • 第414話 ストーマの勉強会へ

    第414話 ストーマの勉強会へ

  • 第413話 2024年初めてのインターンシップ

    第413話 2024年初めてのインターンシップ

  • 第412話 卒後3年目のキャリアデザイン研修

    第412話 卒後3年目のキャリアデザイン研修

Contact

お問い合わせ

当院であなたの看護師としての
夢を叶えませんか?
あなたのことをお待ちしています。

TOP