採用情報

放射線科

診療放射線技師

募集要項

募集対象 新卒の方
募集職種 診療放射線技師 (常勤)
業務内容 ・放射線技師業務全般
・一般撮影、CT、MRI、血管撮影、マンモグラフィ撮影等
※業務は多岐にわたりますが、教育制度を整えております。
勤務時間 ①8:40~17:00(休憩50分)
②16:40~9:00(休憩100分)
日曜・祝日は基本休みですが、当番制で勤務あり。(休日手当あり)
休日 年間休日数:111日(月9~10日程度)
有給休暇:初年度13日付与 ※規定通り支給します。
特別休暇あり
給与 4年制 211,050円~
3年制 209,500円~
手当 急性期手当・休日手当・準夜深夜手当・食事手当・残業手当・家族手当・住居補助等
福利厚生 協会けんぽ保険、厚生年金、雇用保険、労災保険
昇給(年1回)
賞与年2回(夏季・冬季) ※4.5ヶ月程度
退職金制度あり(勤続2年以上)
院内託児所及び学童保育施設の利用可
兵庫県病院企業年金基金加入
財形貯蓄
リロクラブ加入
職員旅行あり(日帰り・一泊)
住居補助あり(半額負担、上限3万円まで)
勤務地

ツカザキ病院(姫路市網干区)
〒671-1227 兵庫県姫路市網干区和久68-1


三栄会広畑病院(姫路市広畑区)
〒671-1122 兵庫県姫路市広畑区夢前町3丁目1番地1

病院見学 随時
ご見学希望の方は、お問い合わせフォームより希望日を明記のうえお申込みください。
採用選考会 随時
応募書類 《新卒の方》
履歴書・成績証明書・卒業見込み証明書・健康診断書
応募方法 〈書類提出先〉
〒671-1227 兵庫県姫路市網干区和久68-1
社会医療法人三栄会 法人本部人事課 鳴瀬宛
まずは、病院見学に一度お越しのうえ応募書類を揃えて郵送して下さい。
お問い合わせ 下記お問い合わせフォームよりお問い合わせください。
備考 ・新人教育制度を整えています。多種多様なモダリティーがあるため、操作習得を目指し先輩が優しく教えます。
・院内勉強会を定期的に開催し、先輩や業者による講習でスキルアップをしています。
・専門分野のスキルアップができるよう院外研修にも力を入れており資格支援制度も充実しています。
 (出張費・受講費など補助しています。)
・スポーツイベントや食事会など楽しい行事も随時開催している楽しい職場です。

部署紹介

部署長挨拶

当院放射線科は、今日の医療では不可欠な存在である放射線診断機器を多く有し、更に最新の医療機器を順次導入しており高い水準で医療の提供を行っています。
若い技師が多く、職場は活気にあふれプライベートでも交流があるとても仲の良い職場です。このページをご覧になり興味を持たれた方は一度見学に来て雰囲気を味わってください。

放射線科概要

ツカザキ病院放射線科は診療放射線技師が男性技師23名女性技師8名の計31名、事務員2名の合計33名で構成されています。
当院は救急患者を受け入れており、24時間365日一般撮影・CT・MRI・血管撮影・透視撮影を施行できる環境を整えています。
また、勤務は固定制ではなくローテーション制を導入しています。全ての技師が弱みを持たず、強みを育み発揮できる環境を目指しています。

業務内容

一般撮影・ポータブル撮影・MMG・透視撮影・超音波検査・DEXA

当院では一般撮影・病室OP室ポータブル共にFPD(フラットパネルディテクタ)を使用し撮影を行っています。
マンモグラフィは全例女性技師が担当しています。また、【マンモグラフィ検診施設画像認定施設】の認定を受けており、担当する女性技師は検診マンモグラフィ撮影認定技師を取得しています。
透視撮影は2022年8月に新装置を導入し稼働しています。こちらもFPDを搭載しており低線量高画質にて検査を行っています。
超音波検査は腹部領域・甲状腺・乳腺を診療放射線技師が担当しています。
(新しく骨塩定量検査(DEXA)を導入しました。骨の密度を計る検査で、骨粗鬆症の診断に用いられます。)

CT

GE社製64列のCTが2台稼働しています。各種単純・造影検査を行っています。同クラスの機器を用いており、検査の効率化を図っています。

MRI

GE社製1.5T装置1台、GE社製3T装置1台、Canon社製1.5T装置1台の計3台のMRIが稼働しています。
各装置に強みを持っており、検査内容により使用装置の判断を行っています。
また、2023.2よりFUS治療が開始となりました。日本で18施設目となる機器であり、ふるえを訴える患者が対象となる治療です。

血管撮影

バイプレーン2台、シングルプレーン2台(うちシングルプレーン1台は手術室)の計4台が稼働しています。
2019年6月にAIMIT(先端画像・低侵襲治療センター)が開設され、循環器領域・脳神経外科領域・放射線科領域の検査を行っています。
更に、心筋梗塞・脳梗塞・腹腔内出血・腫瘍塞栓など緊急の治療にも対応しています。

教育体制

1年目の技師は2か月毎にモダリティをローテーションして業務を覚えていきます。
2年目以上の先輩技師が指導を行い、中堅・ベテラン技師がフォローをしています。
1年目が終了する頃には全てのモダリティを高い水準で業務を行うことが出来るよう指導体制を整えています。
2年目から当直業務を開始してもらいます。当直業務には、一般撮影・ポータブル撮影・CT・MRI・血管撮影・透視撮影があり、救急患者や入院患者の撮影依頼に待機しています。
また、月1回科内勉強会を開催しています。内容は放射線科医師による講義(画像診断、疾患について、IVRについて、急変患者への対応についてなど)、技師の発表(新しい技術、知見など)です。
他部署の職員も参加する勉強会で、意見交換も活発に行われています。院内外の勉強会にも積極的に参加しており、最新情報の習得、自己研鑽に励んでいます。

出身学校

  • 茨城県立医療大学
  • 岐阜医療科学大学(岐阜医療技術短期大学含む)
  • 鈴鹿医療科学大学
  • 大阪物療専門学校
  • 神戸総合医療専門学校
  • 岡山大学
  • 川崎医療福祉大学(川崎医療短期大学含む)
  • 広島国際大学

レクリエーション

ツカザキ病院放射線科では不定期で野球・ゴルフ・バトミントン・ボーリング・テニス・BBQなど様々なレクリエーションを行っています。